■ウエイトローラー
3種類のウェイトローラーを用意し、可能な組み合わせを全て試し、中低速のフィーリングが一番良かったセッティングにしてあります。

■センタースプリング

これも、あれこれ用意してセッティングを何度も繰り返し、一番良いものをチョイス。それが何処の何だったかは忘れた。

■クラッチ

クラッチスプリングを変えようと思ったんですけど、ノーマールシューにボール版で穴を開け軽量化したところ、思いのほかクラッチミートが良くなり、出足のレスポンスが向上しました。

■プーリー
マロッシでも入れようと思ったのですが、 高いお金出して在るもの組むんじゃつまらない。
アフターパーツのカスタムプーリーの中には、ノーマルを削ってウェイトローラーの可動域を広げた物が
いくつもあります。
そこで、意図的に可動域が制限されたノーマルをベルトサンダー等を使用し削ってみました。
これも、削って走って開けてアタリを見る。の繰り返しでウェイとローラーの耐久性も考えて仕上げました。
効果は?ん〜、結局高速域(回転域)を広げるチューンなんで加速フィール良くなったときほどの感動はありませんが、中低速重視のセッティングで最高速が落ちていないのは、この効果なんでしょうね。

■マフラー
RSYのマフラーを新品で装着。
良く出来た良いマフラーですね。アクセルを軽く開けた状態のパーシャルで走っているとノーマルより静か?と思うほど。ですが、トルクは増して、開ければリズミカルに良い音を奏でます。
最近のカッコばかり(失礼)のビッグスクーター用マフラーとは違い、性能も良く音もジェントル。

■キャブレター
キャブはマフラーを変えたらガスが薄くなったため、メインジェットの番数をアップ。

■エアクリーナー
エアクリーナーボックスの吸入口のエア誘導パイプを外し、エアの吸入効率をアップ?

■イグニッションコイルプラグコード
これは知恵を絞りました。
火を強くする為に、ホンダの他車のアフターパーツの利用を考えたのですが、どうもピンとこない。
見つけました、台湾製のスクーター「キムコ」用のパワーアップコイル。
入手してノーマルと比較してみると、なんと同じ形!ボルト穴まで一緒。ラッキー!
まぁ、タイラップ固定でも問題ありませんが(^^j
これを、ただ装着じゃ芸が無い!
メッシュのアースケーブルを熱縮チューブで巻きつけ、なんちゃってノロジー。

始動性がよくなりました。
気持ちパルス感がような。。。

ホントは一度に色々変えすぎて単体の効果が良く見えてない(^^j
まぁ、自己満足ですから。。。

■フットボード
ノーマルのフットマットをかたどり、アルミの縞板でワンオフ製作した自信作!

■シート
短足 の為、足着き性が悪いのでタンデム側は削らず、フロントのウレタンを削れるだけ削り、白のパイピングのメッシュシートに張り替えました。

◎画像はクリックで拡大

 
     
 
    シートは可能な限りあんこを抜き張り替えました。
ちょっと硬いかも。。
 
     
 
     
 
    RSYマフラー
 
自慢のワンオフフットボード   振動吸収グリップは思ったより良い!
 
距離はいてってますが各部OHで絶好調!   ジオン軍のステッカーはワンオフ

Copyright 2005.Mitchells Motor FactryAll Rights Reserved.